読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pastalablog in はてな

時代はブログ! 日記もあるよ→http://pastak-diary.hatenadiary.com

Gmailで手書きメッセージ画像を挿入したメールを送るためのGreasemonkeyを書いた

Firefox 3.6.3で動作確認しました。
GoogleChromeでもきっと動きます。

使い方

Greasemonkeyスクリプトのインストール

ここからどうぞ
http://userscripts.org/scripts/show/81537

Gmail Labsの「Inserting images」を有効化


有効化するとメール作成画面にキャプチャにあるようなボタンが追加されるのでポチっとします。

お絵かき画面を表示させる

ポチっとすると「Add an Image」という画面が出てくるので、さらに「Web address (URL)」を押すと下の画像の様に画面が切り替わるはずです。

「draw image」というリンクがあるので、それを押します。
すると、下のようになるはずです。

黒枠で囲まれている部分が描画可能な領域です。
下のポッチで色を変更できます。

画像をメールに埋め込む

「SetImage」ボタンを押すと「Image URL」に文字列が追加されフォーカスが移るので、適当にスペースキーなどを押すと下部分にプレビューが表示されるので、それで良ければOKを押してください。
するとこんな感じに手書きメッセージを作成できます。

どうゆう仕組み?

Gmail LabsのInserting imagesではWeb上の画像のURLの代わりにdataスキームでも有効だった*1ので、それを活用してcanvas上に描画したものをdataスキームに変換して挿入するようにしています。

やっつけで作ったのでバグがあったりしたら、連絡下さったりすると嬉しいです。Twitter(@)やコメントまで。

*1:バグなのか仕様なのかは不明w